連日の猛暑。8月5日(土)、避暑地で楽しむ企画を今年初めて開催しました。
芦川町にある古民家「藤原邸」でお茶と読み聞かせを楽しむ「古民家de茶会」。
藤原邸は普段も開放していますが、まだまだ知名度が低く、観光の面で活用の場を広げようと笛吹市石和町文化協会茶道部の皆様と市内の朗読ボランティアの皆さんの協力をいただき開催しました。
 
 
古民家内、スタンバイオッケーです!
縁側の様子。こちらもすももを用意し、スタンバイ出来ています
お茶の準備も整っています
 
お茶会の前にまずは読み聞かせボランティア「はらぺこあおむし」による読み聞かせから
こちらは朗読ボランティア「来夢」「こだま」による朗読です
 
つづいてお茶会です
古民家でのお茶会は風情があります
 
この日はロサンゼルスからのお客様もいました
猛暑のこの日も芦川は涼しい空気に包まれていました
 
笛吹市石和町文化協会茶道部の皆様
朗読ボランティアの方々
 



今回は初の開催ということでしたが、これからも古民家を観光に活用!という形で企画が出来ればと思います。
また、芦川町といった田舎の雰囲気・涼しい空気の中での開催が出来、”非日常”を味わっていただけたのではないでしょうか。


石和温泉から車で40分。河口湖まで車で10分。
近い田舎にぜひ遊びに来てください!