台座に刻まれた建立年月


笛吹川河川敷に鎮座する「鵜飼勘作像」。建立は平成元年3月で、30年間笛吹川を見守っています。
その鵜飼勘作像も、風雨にさらされ汚れが目立っていました。
昨年、ボランティアで鵜飼勘作像を清掃していただいた方が、今年も「春を迎える前にきれいにしてお客様をお迎えしたい!」とお申し出があり、今年もありがたくお願いすることとなりました。
花冷えのする3月20日。
この日は小雨が降り、翌日は雪が降るほどの寒さとなりました。
今年も清掃作業を行っていただいたのは、地元笛吹市にお住いの河野様とご家族の皆様です。
 
液剤などは使わず、水圧で汚れを落としていきます
高所は脚立を使っての作業。道路脇なので、水が飛び散らないようにブルーシートを使い、気を遣いながらの作業です
 
勘作像の清掃だけでなく、近くのゴミも片付け。
河野様は散歩がてらのゴミ拾いウォーキングもされているそうです
ほころび始めた桜の下で鎮座する勘作像
 


3月20日…まもなく桜の開花シーズン。
一年の中でもお客様を多くお迎えするシーズンでもあります。
笛吹市を訪れる旅人が写真を撮って楽しんだり、美しい笛吹市のパワースポットのひとつになってほしいと願いを込めての作業。
このきれいになった像と桜の下で多くの皆様の素敵な想い出となりますように…

ご協力をいただきました河野様、ありがとうございました。

笛吹川河川敷は桜の季節だけではなく、一年を通して散策するには歩きやすいコースです。
石和温泉駅からですと、20分程で来られます!
ちょっと散策に、気分転換に、歩いてみませんか。
そして、ぜひ勘作像の前で記念撮影してみてください。
情報発信もしていただければ嬉しいです。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。
 

河野様の言葉で印象的だったのが
「自分も笛吹市の事をもっと好きになりたいし、ここに来た方にも好きになってもらえたら嬉しいです」
という言葉。

ボランティアもその第一歩だそう。この像の事を知っていただくきっかけになれば、嬉しいです!!