笛吹市新ソウルフード「ラーほー」誕生!

山梨県の郷土料理といえば、何と言っても「ほうとう」ではないでしょうか。
県外の方に「この地域で食べておいた方がいいものって?」と聞かれると必ず紹介する料理の一つです。
ただ、実際に山梨県民で見てみると、ほうとうは家で食べるもの、外食で食べる機会は少ないのが現状です。
ほうとうをもっと気軽に地元の人も観光客も食べられないか…。というアツイ思いが今回の開発のきっかけ。
ワインラーメンに続く、笛吹市だけの新ソウルフード「ラーメン×ほうとう」、「ラーほー」誕生の第一歩です。
 
ソウルフードを開発するにあたり、協力していただいたのは、ラジオパーソナリティで料理研究家の西本淑子さん。
縁あって、快く引き受けてくださいました。
試作品として、イタリアンや中華、ベトナム料理など、何と21種類も作り、手探り・試行錯誤の中進められていきました。
 
最終的にソウルフードとして決定したのは、しょうゆ味とフォー味
基本的なレシピはありますが、お店によってのアレンジは自由
無限の可能性を秘めています
 





7月12日(木)、笛吹市役所にて念願の記者発表。
市長自ら試食し、「おいしい!」とアピール。

こちらの「ラーほー」、提供は夏祭り開始と同時で7月20日からスタートとなります。
市内12の飲食店の他、鵜飼開催会場での販売もあります。

暑い夏でも、気軽に。お酒の〆には、ラーメンではなくラーほーで。
笛吹市に誕生した新ソウルフード、ぜひご期待ください!!

ラーほー提供店はこちらから