すずらん群生地 【笛吹市・芦川町】

芦川源流域に自生する日本すずらん群生地

 白樺の林の間から差す木洩れ日に映える白い可憐な花はまるで夜空に浮かぶ無数の星座のよう。故・藤本義晴氏が長年にわたり守り続けた、日本すずらんの貴重な群生地です。
5月下旬から6月上旬にかけて見頃を迎え、すずらんの放つ芳醇な香りに辺りは包まれます。ちなみにすずらんは「君影草」の別名を持ち、花言葉は「幸福が戻ってくる」「きっと多幸になります」。
 情報提供元:ふえふき旬感ネット 
詳細レポートページはこちら

インフォメーション Information

名称 すずらん群生地 フリガナ スズラングンセイチ
住所 山梨県笛吹市芦川町    

*注意事項*
すずらん群生地では訪れたみなさまに観賞をお楽しみいただくために
また自然環境の保護・保全のためにも、以下をお読みいただき
ご協力いただきたいとお願いします。
× すずらんは山梨県の自然記念物に指定されています。
群生地内のすずらんや山野草の採取は条例で禁止されています。

× 群生地内での飲食および喫煙はご遠慮ください。
× 遊歩道以外の場所への立ち入りはご遠慮ください。
× ゴミは必ずお持ち帰りください。
× ペットを連れての入場はご遠慮ください。
× イノシシ等の進入を防ぐための電柵が設置されています、足元にご注意ください。

マップ&アクセス Map&Access