山梨岡神社 【笛吹市・春日居町】

「やまなし」の地名発祥の地とされる。

 延喜式神名帖に残る古い社です。崇神天皇(十代)の御代、国内に疫病や災害が蔓延し、これを治めるために勅令により御室山に創始されました。その後、成務天皇(十三代)の御代、ふもとのヤマナシ群生林を切り開き遷し、「山梨岡神社」と号した。この故事から「山梨」の地名発祥の地とされる。
古くより伝わる太々神楽は、武田信玄公が出陣の際に戦勝祈願として奉納されていたといわれる。
また、毎年5月ころ、辺りを紫色の花が甘い香りで包む藤の名所としても有名。

ピックアップインフォメーション PickupInfo

画像1
画像2
境内の御神木。根が石を包み込んでいます。
画像3
毎年4月「桃の花まつり」の間、夜になると御室山は笈形焼きが浮かび上がります。

インフォメーション Information

名称 山梨岡神社 フリガナ ヤマナシオカジンジャ
住所 〒406-0015
山梨県笛吹市春日居町鎮目1690
文化財 ◎国指定文化財
本殿
◎県指定無形文化財
太々神楽
市指定文化財
夔(キ)の神
◎市指定天然記念物
フジ
 

マップ&アクセス Map&Access